« 2013年8月 | トップページ | 2014年3月 »

2013年9月

2013年9月17日 (火)

台風一過

日曜の夜から月曜の朝にかけて台風は通り過ぎた。

台風準備はできるだけのことをして、その後はどうなってもただ家の中で通り過ぎるのを待つ。

サル達に荒らされる田は何とか土曜日に刈り取った。日曜日に刈る予定の柳田は雨で延期。

肌寒くなった今朝、田んぼを見てまわった。

P1090160

朝日があたり始めた西の岡の田。白い家の左に見える干した稲は風に飛ばされず掛けた時のままの姿で耐えてくれた。

P1090162

刈り取りを延期した柳田も風雨に耐えてくれた。

このあたりで、収穫が残っているのは耕やんと我が家だけです。彼岸頃には何とか田んぼも片付き次の春の準備を始めることになる。

| | コメント (0)

2013年9月13日 (金)

稲の収穫

私が、勝手に親友だと決めている人は、けっこう何人もいる。

春に種もみを半強制的に届けて来た竹内さんもその一人だ。

丸田、腰切れ、チリという名の3枚の田に植えた「夢えくぼ」の刈取りを始めたのは昨日。昨夜ほかの用で彼に会た。

P1090157

「おかげさまで、心の支えになりました」

「何がですか」と彼は応えた。

毎朝夕、水やら、獣害の管理で田んぼのふちを歩きながら、「夢えくぼ・夢えくぼ・・・・」呪文のように唱えることで、「先にはきっと光がある」「今を一生懸命になろう」と自分に言い聞かせた話を私はした。そして明るい兆しが見え始めたことも伝えた。

近くにいる人を大切にしよう、語りかけてくれる人を大切にしよう。痛みを持っていない人は一人もいない。

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2014年3月 »