« 2014年3月 | トップページ | 2018年4月 »

2014年4月

2014年4月 9日 (水)

たった一枚で

朝は、寒くて昼はぬくい。

朝は、早めに起きてストーブの残り火に薪を足す。

昼、ご飯を食べに家に帰り、ストーブの部屋に入るとぬくい。

火は消えているのに、お日様の下のぬくさとまた違う感じ。

P1090835

薪の上を見たら、枯葉が一枚。

たった一枚でほっとする『不思議』

昼はぬくくて、夜は寒い。

夕方、家に帰ると日が暮れるのを待って、また火を起こす。

| | コメント (0)

2014年4月 6日 (日)

花冷えの日曜日

明るい日がさすこともあるのに、時折冷たい雨が降ります。

朝から勤めに出た後「今日は休もう」と帰ってきた。

二日は持つだろうという量の薪をストーブの部屋に運び込んだ。そして、金曜日の明け方目が覚めて少し読んだ村上春樹の続きを開いた。『羊をめぐる冒険』は30年ほど前に読んだものですが、読み始めると何もかも忘れていて新鮮です。

P1090822

ちょっと真面目に国語辞典とメモをそばに置いて、時々振り返って漢字を調べたりしながら読んでいます。

家内が傍で裁ちばさみを使うのが耳につきますが、不規則な雨音や霰(あられ)がそれを和らげてくれています。気づくと眠っていたりして、久しぶりの休日を過ごしています。

| | コメント (0)

2014年4月 4日 (金)

ぶたぱん

田辺に出て、時間待ちの時などララロカレに入ることが多い。

Photo

先月中ごろ、孫を連れて店に行った。

持ち帰り用に販売しているパン2個と飲み物をセットにしたメニューがあり、 二人の娘と一緒に席に着いた。孫が喜びそうなパンを6個選んだ。

娘も孫もこのパンを食べなかった。

あんまんと同じ匂いがして美味そうだったので、私は真ん中で二つに割って食べようとした瞬間。

「じいじが・・・・」「ぶたしゃんを・・・・」大声で泣き始めた。

泣き止まない。いつまでも、

売っているコーナーへ行ってみたけど、どうも最後の一個だったみたいで・・・・

泣き止まない。何とか末の娘が孫を外に連れ出してくれたが「じいじが・・・・」「ぶたしゃんを・・・・」と泣き声は、聞こえてくる。

食べたくないのではなく、孫にとっては食べてはいけないものだったのです。

今日、ララロカレへ行ったら「ぶたぱん」を売っていたので、買って帰り「ほらほら」孫に見せながら電話で話をした。

「ぶたしゃん、見せて」私は、鼻でブイブイ鳴きまねをしながら『ぶたぱん』の画像を送った。「ぶたしゃん、見せて」鼻でブイブイ 何度もそのようなことを繰り返しながら、買ってはきたものの、絶対に食ってはならないことに気付いた。

孫と電話で話したあと風呂に入った。出てきたら、家内が「おいしかった」と食べてしまっていた。さて、どうしたものか・・・・

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2018年4月 »