書籍・雑誌

2008年5月 2日 (金)

小説日高川

有吉佐和子さんは日高川という小説を書いています。

 紀ノ川、有田川とあわせて川三部作のひとつです。若い頃公民館で借りて読みましたが、龍神温泉の旅館の女将を主人公にした小説です。数年前オークションに出ているのを見つけこの本と、出版された当時のままケースに入った物の2冊を手に入れました。保存状態の良いほうはみなさんの資料となるように公民館に寄付しました。

Img_4426

 紀ノ川、有田川の2作は文庫本が出版されていますが、この日高川は単行本だけです。私たちが小学生の頃に昼のテレビドラマになって放映されましたが、学校にいる時間なので見てはいません。

 有吉さんは、この小説を書くために龍神を訪れ、そのとき宿の女将さんから特にメモをとる様子もなく少し話を聞いただけだったそうです。「あれだけのお話でよくここまで書けたものです」と亡くなられたその女将さんは話されていました。

 私は、本を筋書きで読まず感性で読みますから、内容は覚えていません(読解力も記憶力もないだけ)ので、今回久しぶりに読み返してみます。読みたい方にはお貸ししますよ。

| | コメント (0)