遊び

2009年11月12日 (木)

秘密基地の修繕

アスファルトシングルで葺いている屋根の端っこが、木(北欧パイン)丸出しで、腐ってきていた秘密基地の修繕の続きです。

一度葺きかけた透明の波ポリカだったが、かさ釘を打つとひびが入るような長年の在庫品だったことに気づき、販売店に返品したりする間に、雨が降ったり仕事が忙しかったりで、やっと日曜日に今度はガルバを買ってきて葺くことにした。

これまでポリカのほうをよく使っていたのは、おっちょこちょいの素人ですから怪我が怖いのと少しでも光が通ったほうが楽しいからです。

今回は屋根の勾配が急なので金属で葺くのは怖かったのですが、息子に手助けしてもらって無事一時間足らずで張り終えることが出来た。

Img_7863

ちょっとギンギラに光るので山には不似合いな気もするのですが、またそのうちに谷の湿気でコケのようなものが表面に付いて風景になじんでくれると思う。このガルバリュームトタンのおかげでこの秘密基地も寿命が延びた。

| | コメント (0)